内部告発 サラリーマンのごみ箱メールマガジン 編集後記  

2005年08月28日

ジェスティオン・プリヴェ・ジャポン」(略称GPJ)

俳優の渡辺裕之が、個人として1億2000万円、自らが社長を務める事務所でも800万円を投資していたことで俄然注目を集めている、資産運用コンサルティング会社「ジェスティオン・プリヴェ・ジャポン」(略称GPJ)。
 GPJ社は、海外の銀行に預金することで高配当の利回りが可能になると説明し、少なくても1000人を超える顧客から数百億円の資金を集めていたが、破綻。代表者は行方をくらましてしまった。被害額は100億円に上りそうだ。
 行方不明となっている秦右時代表(37)は「7月6日に突然『オレは詐欺をやった』と言いだし、7月10日に京都で投資家向けに説明会を開催、破綻を宣言して以降、行方がわからなくなった」(投資家の一人)という。
 今年2月には、クルーザーを借り切ってカリビアンツアーを敢行、顧客約100人を招待している。その際に撮影した写真やビデオを編集したDVDには、妻子を伴ってホスト役を務める、色白で笑福亭鶴瓶似の、温和そうな風貌の秦氏の姿が映し出されている。
 その秦氏、実はダイヤモンド社から平成15年2月に発売され、ベストセラーとなった「スイス銀行体験記」に“優秀なプライベートバンカー”として登場する。GPJ社は平成14年9月、JPB西日本の社名で設立され、現在の社名に変わったのは昨年12月。
「スイス銀行体験記」では、秦氏は“H氏”というイニシャル表記で登場。大分県出身で、大分商業高校時代に甲子園にも出場した元高校球児。都市銀行に12年間勤務した後、銀行時代の仲間とともにプライベートバンカーとして独立、富裕層対象の資産コンサルティング会社「日本プライベートバンキングコンサルタンツ」(略称JPB)の有能な営業マンとして紹介されている。
 今回の破綻騒動に絡み、反社会的勢力の関与も指摘される中、秦氏は今、どこでどうしているのか。「6月末まで配当は振り込まれてきていた」(投資家)のに、その6日後には破綻宣言と、不可思議な経緯をたどった今回の破綻騒動。秦氏の動向が真相解明の可能性そのものと言えそうだ。【伊藤歩】
posted by リーマン at 21:23| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

砺波運輸和解

 トラック運輸業界の不正を内部告発し、約30年間閑職に追いやられているとして、トナミ運輸(富山県高岡市)社員串岡弘昭さん(58)が、同社に約4000万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の控訴審で、串岡さんは21日までに和解協議に応じる方針を固めた。

 串岡さんは「控訴が棄却されると、損害賠償の増額も謝罪文も見込めない。非常に残念だが、和解交渉しか道はないと考えた」としている。

 控訴審の初弁論で名古屋高裁金沢支部の長門栄吉裁判長は「1審で審理は尽くされている」として和解を打診。内部告発をめぐっては、通報者の不利益な扱いを禁じる公益通報者保護法が来年4月に施行されるが、串岡さんは「施行前に内部告発の公益性について議論を尽くすためにも、判決を望む」としていた
posted by リーマン at 20:58| 京都 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分 博物館を20分の1で売却

入館者の伸び悩みから2004年10月に閉館した大分県管理の「大分香りの森博物館」(大分市)の売却先を選考してきた県審査会(委員長=豊田寛三・大分大副学長)は19日、大分市の学校法人平松学園に売却するよう広瀬勝貞知事に答申した。

 同学園の提示額は2億円で、総事業費44億円の20分の1以下だが、審査会は「立地が悪く、収益が見込めないため、これ以上の買い手はつかない」と判断した。

 博物館は、香りに関する歴史・文化を紹介する施設として1996年、旧野津原町に開館。ヨーロッパの古城をイメージした本館、庭園などがあり、総事業費のうち43億円を県が負担し、約32億円は借金の県債で工面した。

 しかし、市中心部から約1時間と交通の便が悪く、初年度約16万人だった入館者も、2003年度には約6万2000人に落ち込むなど低迷。県は開館時から運営する財団法人に赤字補てんのため年間1億円を補助してきたが、行財政改革の一環で閉館し、2回にわたって施設購入先を公募した。

 この間、県は全国の企業など約1000社に呼びかけたが、立地を理由に「買収後の設備投資を考えれば、ゼロ査定」という厳しい声もあったという。

 最終的に、同学園、社会福祉法人、化粧品メーカーの3者に絞り、弁護士や企業経営者らでつくる審査会が検討。最も高額の価格を提示したうえ、青少年育成の観点などから、委員全員が学園への売却を支持した。

 豊田委員長は会見で個人的な意見としながらも「将来への計画がなく、県民に大きなツケを残した」と、県を批判した。

 平松学園の平松恵美子理事長は、博物館の建設を推進した平松守彦・前知事の義姉に当たるが、豊田委員長は「応募者の提示内容に限って審査し、考慮に入れていない」と説明。学園側も「前知事は今回の応募とは無関係」としている。博物館はセミナーハウスとして利用するという。

 県が5億9000万円で購入した博物館の収蔵品(香水ボトル、香水蒸留機など)については、県の財団が別途管理し、有効利用を検討する。

 平松守彦・前大分県知事の話「周辺に県民の森や大分川ダムが建設され、地元の要請もあって水と緑と香りの文化を生かした施設として建設した。平松学園とは何も話をしていないし、2億円を提示したこと自体、知らなかった。現知事が決めたことでもあり、売却関係のコメントは差し控えたい」

posted by リーマン at 06:49| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

アイスコーヒーの殺菌時間が不足

東北協同乳業(福島県本宮町)は19日、製造したアイスコーヒーの殺菌時間が不足していたとして、合計9万8000本の自主回収を始めたと発表した。同社は福島県に報告したが、健康被害は現時点で出ていないという。
 回収対象は、8月5日から18日までに製造された1000ミリリットルの紙製容器入り「ニュートップバリュアイスコーヒー1000」と同「東北協同乳業アイスコーヒー1000」。トップバリュは、大手スーパーイオン <8267> のプライベートブランド商品として6万1991本が青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島各県のジャスコとマックスバリュ全店のほか、千葉県と新潟県の一部店舗でも売られた。 
posted by リーマン at 18:04| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JA不正融資

なぜ22億円もの不正融資に誰も気づかなかったのか−−。JAテラル越前(本所・大野市中挟1丁目)の下庄支所次長(55)による不正融資が明らかになった19日、斎藤貞夫組合長らは本所で記者会見を開き、監査体制の不備を認めて謝罪した。約22億円の回収見込みについては「わからない」と言葉を濁した。
7月から調査

 JAの説明によると、発覚の発端は7月から始めた内部調査。下庄支所の融資件数が1日あたり6、7件と多いことから、8月9日に調査担当者が次長に確認したところ、不正を認めたという。

 同JAでは通常、融資を申し込む組合員は、担保としてJAに開設している定期預金の証書や借り入れ申入書などの必要書類を提出。これをもとに職員が端末で実行票を作成し、支所長が決裁したうえで、貸付金を組合員の普通口座に振り込んだり、現金を手渡したりしている。

 しかし、この次長は実在しない組合員の名前で書類を偽造し、架空名義で開いた口座に振り込むなどしていたという。支所長は書類の中身に目を通さず、決裁していたため、不正に気づかなかったという。

巨額の不正融資が発覚したJAテラル越前
=いずれも大野市中挟1丁目で

金は1組合員へ?

 同JAの事情聴取に対し、次長は約22億円の不正融資を認めたうえで、大野市在住の組合員の名前を挙げ、「金はすべてこの組合員に渡った。不正融資はこの組合員から持ちかけられた。自分自身は着服していない」などと説明。しかし、不正に手を染めた理由などは話していないという。

 金が渡ったとされる組合員について、JA側は「次長とどういう間柄なのかは把握していない。司直の手にゆだねるつもりなので接触はしていない」としている。

監査免れる

 斎藤組合長らは、99年に始まった不正が長期間発見できなかった理由として、県やJAの監査を年数回実施しているが、監査日が予告されていたため、次長が、別の借入金で融資を償還するなどの隠蔽(いんぺい)工作をしていた▽次長は95年以来配置換えもなく、支所の融資事務を事実上1人でこなしていた−−などと説明。内部監査の強化や人事異動の活性化などに取り組む考えを示した。

 同JAは20日午後2時から本所で、同日午後7時から勝山市滝波町の勝山ふれあいセンターで、組合員への説明会を開く予定。今後、裁判などを通じ約22億円の回収を目指す方針だという。



JA中央会長「未然防止の指導を強化」

 JA県中央会の池端昭夫会長は「県内JAにおいて、想像を超える金額の不祥事が発生したことは、誠に遺憾かつ残念なことであり、組合員、地域の利用者の皆様には申し訳なく思っている。本会としては全JAに対し、手形貸付金の内容の緊急点検の実施を指導した。今後、一斉点検の実施など不祥事の未然防止の指導を強化する」とする談話を発表した。
posted by リーマン at 11:37| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

北海道警察庁

16日付で警察庁長官官房付に異動となる北海道警の芦刈勝治本部長は15日の離任会見で、一連の道警の不正経理問題について「各時点で適切な対応をしてきたつもりだが、結果として当初に(不正経理の)調査の必要性を見通せなかったことは、道民に深くおわびしたい」と述べた。

 「問題への対応は最善だったか」との質問に対しては「調査を尽くして実態を解明し、職員の処分や(道費などの)返還をしてきた。判断は道民に委ねたい」と話した。

 また「問題が職員の士気に与える影響を懸念していたが、全力で仕事に取り組んでくれた一線の職員に敬意を表したい」とした。その上で、今後の信頼回復については「改善策の実施は当然として、本来の仕事で道民の信頼を得ることが大切だ」と指摘した。〔共同〕
posted by リーマン at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

日本マクドナルドホールディングス

日本マクドナルドホールディングスは1日、社員やアルバイトの勤務時間を誤って把握していたため不払いとなっていた賃金を、2003年8月にさかのぼって支払うと発表した。労働時間を30分単位で把握、端数分を切り捨てていた。不払いの総額は「調査を始めたばかりでまだ分からない」としている。

 今年7月末時点で直営、フランチャイズ含め社員やアルバイト13万人弱のほか、退職者にも不払い分を支払う。8月からはタイムカードで記録した1分単位の労働時間をベースに計算した賃金を支払うシステムに改める。社外の第三者を含めた調査委員会を設置し、再発防止を目指す。

 5―6月に東京管理職ユニオンや労働基準監督署から指摘を受けて調査したところ直営、フランチャイズ契約店舗を含めて労働時間を誤って把握し、賃金不払いが恒常的に発生していたことが分かった。

 東京管理職ユニオンは「外食産業は労働時間の把握がルーズなところが多いのが実態」としており、他の企業にも同様の指摘をしているという。
posted by リーマン at 23:57| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

副総裁が談合表「決裁」 公団橋梁事件の共同正犯

副総裁が談合表「決裁」 公団橋梁事件の共同正犯

 日本道路公団発注の鋼鉄製橋梁(きょうりょう)工事をめぐる談合事件で、独禁法違反(不当な取引制限)の罪などで起訴された道路公団副総裁、内田道雄(うちだ・みちお)被告(60)が各工事の受注予定企業を記した「配分表」を2003年度だけで6回確認し、承認していたことが15日、東京高検と東京地検特捜部の調べで分かった。

 特捜部などは内田被告による事実上の決裁とみており、これによってメーカー間の談合が成立したと認定。同日午後、内田被告は共謀だけでなく、実行行為にも関与した「実行共同正犯」と判断したと説明した。道路公団が主体的に関与する「官製談合」の実態が浮き彫りになった。

 また内田被告は起訴事実について否認を続けているが、これまで認めていなかった談合の存在について「知っていた」と供述を変えたという。

 調べによると、内田被告は理事当時の03年度、公団の役員応接室などで、工事を各社に割り付けていた元理事、神田創造(かんだ・そうぞう)被告(70)=前横河ブリッジ顧問、同法違反罪で起訴=から6回にわたって配分表を示された。

 04年度には、担当理事が金子恒夫(かねこ・つねお)容疑者(57)=独禁法違反ほう助容疑などで逮捕=に代わったため、神田被告は金子容疑者にも配分表を3度にわたって見せていた。

 内田被告と金子容疑者が承認後、配分表は工事担当部署に渡されたとされる。さらに内田被告は神田被告の依頼で、少額の工事でも複数の会社が共同企業体(JV)で受注できるよう公団内部の規則も変更していた。

 一方、公正取引委員会は同日、神田、内田両被告らの共同正犯に当たるとして、同法違反容疑で金子容疑者を検事総長に追加告発した。東京高検は内田被告と同様、独禁法違反の罪などに切り替え、起訴する方針。(共同)

posted by リーマン at 22:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国内に住む外国人十人を拘束

クラーク英内相は十一日、国家安全保障上の危険な存在になっているとして、英国内に住む外国人十人を拘束したと発表した。直接の容疑は出入国管理法違反で、国外追放にする方針。内相は名前を公表しなかったが、BBC放送によると、国際テロ組織アルカイダの精神的指導者で、「欧州大使」と呼ばれてきたイスラム教聖職者アブカタダ容疑者らが含まれているという。

 ロンドン同時テロの実行犯らは、イスラム過激主義に感化された疑いが持たれている。このためブレア首相が先週、テロを扇動する言動をしてきた聖職者らを国外追放できるよう法体系を整備すると表明したばかり。今回の唐突な強硬措置に、人権団体から批判の声が上がっている。

 英政府が聖職者らを国外追放した場合、中東などの母国へ戻されて死刑や拷問に直面する可能性がある。こうした人権上の問題で、これまで国外追放はできなかった。

 内務省によると、アブカタダ容疑者の母国ヨルダンから「迫害しない」との合意を取り付けるなど虐待を受ける可能性はないとの保証を得て、拘束に踏み切ったという。

posted by リーマン at 07:55| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 官公署 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

経済産業省 裏金

公務員としてのモラルはどうなっているのか。経済産業省で次々と明るみに出る裏金や情報漏えいなどの不祥事には、怒りを通り越してあきれてしまう。

 同省の官房企画室をめぐる裏金問題は、外部委員会の調査が進むにつれて、組織的に裏金の捻出(ねんしゅつ)や流用が行われていた疑いが強まっている。徹底した調査でうみを出し切るよう強く求めたい。

 官房企画室が、外郭団体の財団法人・産業研究所の調査研究事業に絡んで二千九百万円の裏金を捻出していたことが発覚したのは今年の六月である。このうち二千四百万円を前室長(諭旨免職)がカネボウ株などの取引に流用し、二百万円の利益を得ていた。

 前室長は流用した資金と株取引の利益を返却しているが、それで済まされる問題ではない。株取引をしていたのは昨年四月ごろで、産業再生機構がカネボウへの支援を決めた時期である。

 経産省の杉山秀二事務次官は、前室長が企業や産業界を直接担当する役職ではなかったことを理由にインサイダー取引ではないとしているが、官房企画室は組織の中枢だけに疑念はぬぐえない。

 この問題以前にも、千五百万円の裏金が歴代三人の室長名義の口座に移された上、引き出されていたことも分かった。使途は不明とされるが、幹部の接待や身内の飲食に使われたとの指摘がある。究明を急ぐべきだ。

 裏金問題は官房企画室だけにとどまらない。官房会計課と米州課が国連児童基金(ユニセフ)からの委託管理費などを流用し、五千万円以上の裏金をプールしていたことが判明している。

 国や地方自治体が借金漬けで苦しんでいるときに、こうした不正が続々と出てくることに唖然(あぜん)とさせられる。

 官房企画室の裏金は一九八八年ごろから引き継がれてきた。その背景には、天下り先にもなっている外郭団体とのなれ合いや、前任者の仕事ぶりを無批判に引き継いできた事なかれ主義があるのではないか。こうした姿勢を早急に改めなければならない。

 裏金問題の発覚後、中川昭一経産相への報告を二週間も怠った事務方の対応にも疑問が残る。事実関係の調査は外部調査委員会に委ねられているが、腐敗の実態を解明し、速やかに公表するにはトップの指導力が欠かせない。

 裏金問題以外にも、株のインサイダー取引をした元係長が証券取引法違反罪で六月に在宅起訴された。商務情報政策局の幹部は、産業再生機構による通信ケーブルメーカーの支援決定直前に支援計画を大株主に漏らしていたとされる。

 産業政策の要を担う経産省には企業の命運を左右する情報が集まる。ずさんな情報管理はもってのほかだ。一連の不祥事は経産省が内部に構造的な欠陥を抱えていることを示している。

 中川経産相は、職員の株取引を一年間原則として自粛させたほか、職員の不正を調べる監察官制度を新設した。いずれも異例の措置である。再発防止と信頼回復に全力を挙げる必要がある。

 公務員の裏金問題は、外務省や警察、労働局などでも相次いで発覚し、モラルの低下が浮き彫りになった。「役所とカネ」をめぐる不祥事も後を絶たないのが実情だ。他の官庁や地方自治体も、疑惑を招くような実態がないかどうか総点検してほしい。
posted by リーマン at 00:03| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
内部告発
みんなのプロフィールSP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。