内部告発 サラリーマンのごみ箱メールマガジン 編集後記  

2005年03月01日

トナミ運輸 控訴しない

運輸業界の不正を内部告発後、約30年にわたる昇格を見送られたとして、運送大手「トナミ運輸」(富山県高岡市)社員、串岡弘昭さん(58)が会社を相手取って総額約5400万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟で、トナミ運輸は1日、同社に約1356万円を支払うよう命じた富山地裁の判決を受け入れ、控訴しないことを決めた。一方、串岡さんは「謝罪を勝ち取るまで戦いたい」と話しており、控訴を検討している。

 判決は、原告の内部告発は正当な行為であって法的保護に値するなどとし、被告に慰謝料や賃金格差分の損害などを支払うよう命じたが、原告が求めた謝罪については棄却した。

 同社は「判決の趣旨を真摯(しんし)に受け止め、控訴は行わないことにした。原告の処遇については、判決の趣旨に従い改善することにした」とのコメントを発表。同社の経営企画室は「判決で謝罪を棄却している以上、現段階で謝罪文を出す予定はない」としている。 (03/01 20:19)

posted by リーマン at 21:31| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

某運輸会社の内部告発事件について。
Excerpt: 今日はすごい雪でしたね。
Weblog: 富山ではたらくコンサルタントのblog
Tracked: 2005-12-14 00:12
内部告発
みんなのプロフィールSP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。