内部告発 サラリーマンのごみ箱メールマガジン 編集後記  

2005年02月08日

運転免許偽造コピー

2005年01月28日(金)


地検事務官、他人の免許証コピーで書類偽造、詐欺容疑


 高知地検の検察事務官が他人の運転免許証のコピーを添えて借用書を偽造し、現金計20万円をだまし取ったとして、同地検は27日夜、検察事務官の広田好人容疑者(31)=高知市横浜東町=を有印私文書偽造、同行使、詐欺の疑いで逮捕した。運転免許証のコピーは検察内部に捜査資料として保管されていたものだった可能性もあり、入手経路を捜査している。

 調べでは、広田容疑者は同地検須崎支部に勤務していた03年8月中旬ごろ、本人だと証明するものとして運転免許証のコピーを添えた、県内に住む男性2人を名義人とする借用書2通を偽造。高知市内の知人の男性から2人の借金を名目に現金計20万円をだまし取った疑い。

 広田容疑者は運転免許証を使った2人とは面識がないといい、同地検は須崎支部に保管されていた免許証のコピーを使った可能性があると見ている。

 同容疑者はおおむね容疑を認めているという。当時、多額の借金があったらしく、余罪についても追及する。広田容疑者は別の知人を介して男性に借金を申し込んでおり、同地検はこの知人からも事情を聴く方針。

 広田容疑者は04年春、同地検須崎支部から同地検に異動。27日も通常通り出勤していたという。今月18日、外部から同地検に寄せられた情報をもとに捜査していた。

 高知地検の上田邦彦次席検事は「人の非をただす立場の人間として決して行ってはならない行為で極めて遺憾だ。被害者や国民におわびしないといけない」と謝罪した。同地検須崎支部の中村勲・統括検務官は「(広田容疑者に)借金返済を催促する電話はあったようだ。勤務状態は普通だった」と話した。

posted by リーマン at 18:54| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
内部告発
みんなのプロフィールSP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。