内部告発 サラリーマンのごみ箱メールマガジン 編集後記  

2005年03月30日

振り込め詐欺 被害、大手4行に支払い命令 東京地裁


 「振り込め詐欺」の被害者らが、大手都市銀行4行を相手に、振り込んでしまった額の払い戻しを求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。藤山雅行裁判長は、振込先の口座の「名義人」に代わって被害者が銀行に払い戻しを請求できる権利を原告に認め、4行に請求通り計約260万円の支払いを命じた。名義人の特定ができなくても、被害直後に気づき届け出て、口座に預金を残すことができれば、損害を回復できる道が開けたことになる。

 訴えられていたのは三井住友、東京三菱、UFJ、りそなの4行。

 今回のケースで焦点になったのは、(1)被害者が口座の名義人に対し、振り込んだ額を不当利得として返すよう求める権利(2)口座の名義人が銀行に対し、預金を払い戻すよう求める権利――の二つの権利だ。判決では、被害者が(1)の権利を守るために、名義人に代わって(2)の権利を行使できる、いわゆる「代位権」が認められた。

 藤山裁判長は、被害回復のよりどころとなる財産としては、口座にある預金しか見あたらないことを指摘したうえで、「原告が不当利得返還請求権を保全するには、名義人の預金払い戻し請求権を代わって行使するしかない」として、銀行に支払いを命じた。

 原告は東京、神奈川、熊本の3都県の高齢者ら計5人。同じ詐欺グループの被害者とみられる。03年3月から5月にかけ、「交通事故を起こしたから示談金が必要になった」などとうその電話を受け、自分の子どもと間違えるなどして、指定された口座に約106万〜3万9000円を振り込んだ。その後、詐欺とわかり、口座も架空名義だったことがわかった。

 5人は昨年7月に提訴した。原告側代理人の村上徹弁護士は「訴訟は時間や費用がかかり、被害者の多くを占める高齢者には負担が大きい。訴訟を起こさずとも銀行が払い戻しに応じるルールづくりが必要だ」と話す。

 警察庁のまとめによると、昨年1年間に起きた振り込め詐欺は約2万件。被害総額は283億8000万円だった。

    ◇

 判決を受けて東京三菱、UFJ、りそなの3行は「コメントを控える」とする一方、三井住友は「判決に従い預金の払い戻しを実施する」とのコメントを出した。

posted by リーマン at 23:24| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

海外臓器移植の一体を暴く

中国で腎移植男性に聞く 自己責任で決断 長い闘病、限界

 「今の日本の法律や移植システムに殺されるのは納得できない。だから自己責任で決断した」。中国・広州市の「クリフォード病院」が日本の患者への腎臓移植に向けた窓口開設を計画している問題で、昨年夏に中国に渡り、この病院で移植を受けた40歳代の男性が産経新聞の取材に応じ、心情を語った。死刑囚の人権問題を指摘する声もあるが、5年間ドナーを待ち続け、体力の限界で下した決断だったという。一問一答は次の通り。

 −−いつクリフォード病院で移植を受けたのか

 「仕事を片付けて昨年7月に中国に渡り、8月に手術を受けた」

 −−どうやってクリフォード病院を知ったのか

 「クリフォード病院の日本支部設立を推し進めている日本クリニックが作ったパンフレットで知った」

 −−死刑囚を臓器提供者にする「死刑囚ドナー」をどう思うか

 「クリフォード病院は、腎臓を提供してくれたドナーについては一切、答えない。だから死刑囚かどうかは分からない。だが、中国の法律で裏付けられたドナーであることは間違いない」

 −−死刑囚の人権問題を主張する声もあるが

 「中国の法律に抵触する行為ではないので、日本人や日本の政府がとやかく言う問題ではないと思う」 

 −−それでもかなりの決断がいったでしょう

 「5年間、ドナーを待った末の決断だった。ただ、ひたすらドナーを待つより、一度にきっちりと決めた方がいいと考えた。その国の法律に違反してまで腎臓の提供は受けたくはないが、違反でなければ、自己責任でやればいい」

 −−5年間の透析生活も大変だったでしょう

 「長い透析生活で、精神的にも肉体的にも限界に来ていた。もし、半年か1年、移植が延びていたら、透析の合併症で移植手術に耐えられない体になっていた。そうなっても、国は面倒をみてくれない。この気持ちは私のような病気(慢性腎不全)になった人でなくては分からない」

 −−日本の臓器移植法や移植システムについてはどう思うか

 「はっきり言って、今の移植法は私たち患者を守ってはくれない。このままでは週4、5回、1日4時間も人工腎臓(透析装置)につながれる患者を増やすだけだ。倫理観がどうのこうのと言っても始まらない」

 −−かなりの費用がかかったようですが

 「治療行為やその他の費用として支払った。お金を出したからと言って臓器売買には当たらないし、その意識も全くない」

 −−クリフォード病院を選んだ理由は

 「腎移植にかなりの経験のある医者がいたし、病院のセキュリティーもしっかりしていたので」

 −−移植はどのように進められたのか

 「透析の合併症を改善しないと手術できないと言われ、入院してから移植するまでは、肺や心臓の精密検査を行い、肺結核とがんも徹底的に調べた。同時に中薬(中国伝来の薬)で体質を改善し、体力も付けた」

 −−どのくらいでドナーが現れたのか

 「2週間経過した時点で、一度、ドナー情報があったが、適合性の問題からパス。その1週間後、適合率90%のドナーが現れ、移植手術に踏み切った。最初に3週間かかると説明された通りになった。クリフォード病院は、腎臓が回ってくる優先順位が高い」

 −−移植を受けた感想は

 「尿が出る喜びを知った。人生観も変わった」



 ■「日本クリニック」 中国系米国人によって1992年に米国で設立された。米国内に日本人向けの8カ所の診療所(シカゴ、アトランタ、サンディエゴなど)を持ち、独立採算経営のもとに医療ネットワークを結んでいる。総スタッフ50人(うち医師20人)で、日本人、あるいは日本語が話せる米国人や中国人らが医師として勤務する。

【2005/03/27 東京朝刊から】

posted by リーマン at 00:14| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外臓器移植の一体を暴く

中国で腎移植男性に聞く 自己責任で決断 長い闘病、限界

 「今の日本の法律や移植システムに殺されるのは納得できない。だから自己責任で決断した」。中国・広州市の「クリフォード病院」が日本の患者への腎臓移植に向けた窓口開設を計画している問題で、昨年夏に中国に渡り、この病院で移植を受けた40歳代の男性が産経新聞の取材に応じ、心情を語った。死刑囚の人権問題を指摘する声もあるが、5年間ドナーを待ち続け、体力の限界で下した決断だったという。一問一答は次の通り。

 −−いつクリフォード病院で移植を受けたのか

 「仕事を片付けて昨年7月に中国に渡り、8月に手術を受けた」

 −−どうやってクリフォード病院を知ったのか

 「クリフォード病院の日本支部設立を推し進めている日本クリニックが作ったパンフレットで知った」

 −−死刑囚を臓器提供者にする「死刑囚ドナー」をどう思うか

 「クリフォード病院は、腎臓を提供してくれたドナーについては一切、答えない。だから死刑囚かどうかは分からない。だが、中国の法律で裏付けられたドナーであることは間違いない」

 −−死刑囚の人権問題を主張する声もあるが

 「中国の法律に抵触する行為ではないので、日本人や日本の政府がとやかく言う問題ではないと思う」 

 −−それでもかなりの決断がいったでしょう

 「5年間、ドナーを待った末の決断だった。ただ、ひたすらドナーを待つより、一度にきっちりと決めた方がいいと考えた。その国の法律に違反してまで腎臓の提供は受けたくはないが、違反でなければ、自己責任でやればいい」

 −−5年間の透析生活も大変だったでしょう

 「長い透析生活で、精神的にも肉体的にも限界に来ていた。もし、半年か1年、移植が延びていたら、透析の合併症で移植手術に耐えられない体になっていた。そうなっても、国は面倒をみてくれない。この気持ちは私のような病気(慢性腎不全)になった人でなくては分からない」

 −−日本の臓器移植法や移植システムについてはどう思うか

 「はっきり言って、今の移植法は私たち患者を守ってはくれない。このままでは週4、5回、1日4時間も人工腎臓(透析装置)につながれる患者を増やすだけだ。倫理観がどうのこうのと言っても始まらない」

 −−かなりの費用がかかったようですが

 「治療行為やその他の費用として支払った。お金を出したからと言って臓器売買には当たらないし、その意識も全くない」

 −−クリフォード病院を選んだ理由は

 「腎移植にかなりの経験のある医者がいたし、病院のセキュリティーもしっかりしていたので」

 −−移植はどのように進められたのか

 「透析の合併症を改善しないと手術できないと言われ、入院してから移植するまでは、肺や心臓の精密検査を行い、肺結核とがんも徹底的に調べた。同時に中薬(中国伝来の薬)で体質を改善し、体力も付けた」

 −−どのくらいでドナーが現れたのか

 「2週間経過した時点で、一度、ドナー情報があったが、適合性の問題からパス。その1週間後、適合率90%のドナーが現れ、移植手術に踏み切った。最初に3週間かかると説明された通りになった。クリフォード病院は、腎臓が回ってくる優先順位が高い」

 −−移植を受けた感想は

 「尿が出る喜びを知った。人生観も変わった」



 ■「日本クリニック」 中国系米国人によって1992年に米国で設立された。米国内に日本人向けの8カ所の診療所(シカゴ、アトランタ、サンディエゴなど)を持ち、独立採算経営のもとに医療ネットワークを結んでいる。総スタッフ50人(うち医師20人)で、日本人、あるいは日本語が話せる米国人や中国人らが医師として勤務する。

【2005/03/27 東京朝刊から】

posted by リーマン at 00:14| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

女性医師の異動は『内部告発の報復』


横浜市立脳血管センター 横浜市立脳血管医療センターに勤務する神経内科の女性医師に対する人事異動に対し、同じ神経内科の医師のうち部長ら二人をのぞく十一人の医師らが連名で二十五日、「一昨年起きた内視鏡の手術ミスを内部から告発したことに対する報復人事だ」として、市衛生局と総務局に抗議し、経緯の説明を求める質問状を提出した。

 この女性医師は同センター神経内科で患者を受け持ち、急性期患者を治療する脳卒中診療部にも名を連ねる臨床の医師。ところが、四月から市衛生局保健部への異動を命じられ、局内の事務的担当となるという。

 同センターでは二〇〇三年七月、内視鏡手術を受けた女性患者が重体となる医療ミスが起きたが、同センターは当初から「問題はなかった」としていた。この女性医師は内部の診療科会議などで手術に疑問を投げかけた医師の一人。その後外部の調査委員会が立ち上がり、医療ミスと認められるきっかけをつくった。

 患者と家族は今月十七日、手術を行った脳神経外科三人を刑事告訴し、市に対し二億八千万円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。

 抗議した神経内科の医師らは、医局出身の臨床医師が局内の事務的職種に異動させられるのは極めて異例とし、「内視鏡手術に疑義を唱えたことへの報復と、現在調査中の案件に対する隠ぺいだ」と主張。さらに疑義を唱えたほかの医師も今後異動させられる恐れがあるとしている。

 これに対し、市衛生局は、「異動は本人の勤務状況を総合的に判断したもので、内視鏡の手術ミスの問題とは全く関係ない」としている。

 女性医師は今後、人事委員会に不服申し立てすることを検討しているという。

posted by リーマン at 23:29| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

天下り課長級以上は86人…04年、前年上回る

“天下り”課長級以上は86人…04年、前年上回る
 人事院は25日、2004年の「営利企業への就職の承認に関する年次報告」(天下り白書)を国会と内閣に提出した。

 人事院の承認を受け、出身省庁と関係のある民間企業に再就職した本省課長級以上の国家公務員は86人で、前年より12人増加した。うち本省課長以上と管区機関の長の「幹部職員」は26人だった。

 省庁別では、財務省19人、国土交通省14人、経済産業省11人、国税庁8人など。天下りの経緯は「官のあっせん、仲介など」が50・0%で、「自発的な就職活動や知人の紹介」が23・3%だった。

 国家公務員は、退職前5年間に在籍していた省庁と密接な関係にある企業へは退職後2年は再就職できないのが原則だが、人事院の承認を得れば可能になる。

 同様の調査が始まった1963年以降では、85年の318人が最も多い。その後、減少傾向が続いていたが、40人だった2000年から増加傾向に転じている。

 また、人事院は同日、「官民人事交流の年次報告書」も国会と内閣に提出した。5省庁と日本郵政公社が民間企業の社員41人を採用した反面、省庁から民間企業への派遣は7人にとどまった。民間企業からの採用は、省庁別で経産省が12人、外務省と国交省が各11人など。民間への派遣は、国交省が6人、経産省1人だった。

 中央省庁局長級以上の再就職先と最終役職は次の通り(敬称略)。

 ▽電源開発取締役(人事院公平審査局長)潮明夫

 ▽資生堂取締役執行役員CSR部長(厚生労働省雇用均等・児童家庭局長)岩田喜美枝

 ▽帝人社外監査役、NTTデータ経営研究所顧問(経済産業省経済産業政策局長)林良造

 ▽シャープ東京支社長(同省大臣官房付)安達俊雄

 ▽東京海上火災保険顧問、野村総合研究所顧問(同省経済産業審議官)佐野忠克
                              読売新聞 3月25日
posted by リーマン at 22:18| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国の借金=1人当たり588万円

国の借金、751兆円に増加=1人当たり588万円−昨年12月末

 財務省が25日発表した国債や借入金など「国の借金」の2004年12月末の残高は、9月末比20兆1212億円増の751兆1065億円となり、過去最高を更新した。国民1人当たりでは約588万円の借金を負っている計算。05年度末には約888兆円に達する見込みで、借金が膨張していく構図は当面続きそうだ。 
posted by リーマン at 18:17| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

架空請求

架空請求し訴訟 40万支払い命令 業者に東京地裁
 東京都内の男性が、身に覚えのない出会い系サイト料金を請求されたうえ、支払いを求める訴訟を起こされたとして、「CGVグループ」(大阪府)を名乗る業者に、慰謝料など百十万円の支払いを求めた訴訟の判決が二十二日、東京地裁であり、清水克久裁判官は業者側に四十万円の支払いを命じた。
 清水裁判官は判決理由で「架空請求は放置すべきだとされていることに便乗し男性が欠席すれば勝訴できるという計算で提訴したと推認され、悪質な訴訟詐欺に当たる可能性が高い」とした。
posted by リーマン at 12:25| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

大阪市職員 カラ残業 

314億円返せ 監査請求 市民団体


--------------------------------------------------------------------------------

 大阪市が過去11年間にヤミ年金・退職金に投入した公費約314億8000万円について、市民グループ「見張り番」(松浦米子・代表世話人)は18日、「給与条例主義に反した違法な支出」と関淳一市長、磯村隆文前市長と4互助組合から市に返させるよう求める住民監査請求を行った。ヤミ昇給についても、市が過去の支給総額を算出し、歴代市長、市幹部らに損害賠償請求を行うよう求めた


posted by リーマン at 21:44| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

振り込め詐欺

<振り込め詐欺>
健康保険証盗み犯行用の口座開設 3人逮捕

 他人名義の国民健康保険証で口座を開設したとして、札幌豊平署は19日、いずれも住所不定、無職男性(26)ら3人を詐欺などの疑いで逮捕・送検し、札幌地検が起訴したと発表した。50通以上の保険証を盗んだと供述しており、さらに多くの口座を開設し、振り込め詐欺の実行犯に転売していたとみて調べている。
posted by リーマン at 16:51| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

インサイダー取引

カメラメーカー、チノン(長野県茅野市)の株式公開買い付け(TOB)をめぐり、インサイダー取引をしたとして、証券取引等監視委員会は14日、証券取引法違反の疑いで、経済産業省地域経済産業政策課の中原拓也係長(31)を東京地検に告発した。
 大手カメラメーカー、コダックの子会社コダックジャパン・デジタルプロダクトディベロップメント(KJDPD)が昨年1月、産業活力再生特別措置法に基づき、当時東証2部上場企業だったチノンを100%子会社化することを前提に、TOBを実施すると発表。中原係長は同法による事業再構築計画の審査、認定の担当者だった。中原係長は調べに対し、容疑を大筋で認めているという。
posted by リーマン at 23:17| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(1) | 地方行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

旧五菱会ヤミ金事件

金融ブローカーに4年求刑 旧五菱会ヤミ金事件


 指定暴力団山口組系五菱会(現在は二代目美尾組)のヤミ金融事件で、不法収益を資金洗浄したとして組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等の隠匿)の罪に問われた金融ブローカー山根敬被告(40)の論告求刑公判が7日、東京地裁(飯田喜信裁判長)で開かれ、検察側は懲役4年、罰金300万円、追徴金3億8000万円を求刑した。

起訴状によると、山根被告は、国際金融機関クレディ・スイス(CS)香港の元行員道伝篤被告(42)=公判中=らとヤミ金融の犯罪収益などの隠匿を計画。2001−02年に約13億2600万円分の割引金融債を購入した上、03年5月に日本証券代行(東京)などを介して現金化し、CS香港に設けた口座に入金させて隠した
posted by リーマン at 22:56| 滋賀 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

トナミ運輸 控訴しない

運輸業界の不正を内部告発後、約30年にわたる昇格を見送られたとして、運送大手「トナミ運輸」(富山県高岡市)社員、串岡弘昭さん(58)が会社を相手取って総額約5400万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟で、トナミ運輸は1日、同社に約1356万円を支払うよう命じた富山地裁の判決を受け入れ、控訴しないことを決めた。一方、串岡さんは「謝罪を勝ち取るまで戦いたい」と話しており、控訴を検討している。

 判決は、原告の内部告発は正当な行為であって法的保護に値するなどとし、被告に慰謝料や賃金格差分の損害などを支払うよう命じたが、原告が求めた謝罪については棄却した。

 同社は「判決の趣旨を真摯(しんし)に受け止め、控訴は行わないことにした。原告の処遇については、判決の趣旨に従い改善することにした」とのコメントを発表。同社の経営企画室は「判決で謝罪を棄却している以上、現段階で謝罪文を出す予定はない」としている。 (03/01 20:19)

posted by リーマン at 21:31| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 賃金(給与) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
内部告発
みんなのプロフィールSP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。